その分現金でくださいよ。

店長の好意が台無しに

カテゴリ: アニメ



7話くらいまで観て途切れてしまっていたままだった作品。
Twitterでノイタミナの好きな作品を投票する企画で、この作品を選んでいる人が多いような気がしたので良い機会だと思って観直してみることに。こういうとき配信サイトは便利ですよね。

あらすじ
**************************************************************************************************************************
ニューヨーク。並外れて整った容姿と、卓越した戦闘力を持つ少年・アッシュ・リンクスは、17歳にしてストリート・ギャングをまとめ上げていた。
ある夜、アッシュは自身の手下によって銃撃された男からある住所とともに「バナナフィッシュ」という言葉を伝えられる。
それは廃人同然の兄・グリフィンがしばしば口にする言葉だった。
時を同じくして、カメラマンのアシスタントとしてやってきた日本人の少年・奥村英二と出会う。
**************************************************************************************************************************
1クール目は「こんなんアニメでやるんか…」ってくらいの悲惨なシーンがバンバン展開されて普通につらい(まぁ僕はこういう話が好きなのですが)。特にショーター・ウォンが家族を盾に脅迫されアッシュや英二を裏切ってしまってからの流れは凄まじいものでした。
ショーターというキャラクターの情の篤さや、アッシュだけでなく英二にも確かな友情を抱いていたことをしっかり描いており、彼のキャラクターとしての好感度をマックスまで上げてからの展開だったので観ている側も劇中の登場人物に負けないくらい辛かったです。アッシュ役・内田雄馬さんの声を絞り出すような演技も息を呑むようなものでした。
本当に悲痛なシーンなんだけど、今作でひとつお気に入りのシーンを選ぶとしたらここ。棒高跳びを目の当たりにしたアッシュが象徴的に英二が「自由」であることを実感する序盤のシーンも良かったので迷ってしまいますが。

2クール目はほとんど名ありの味方キャラが死ぬこともなくなり、展開も英二がピンチかアッシュがピンチなのを助ける、が1クール目からずっと続いていて、ぶっちゃけマンネリ化は否定できないような気がします。
サブマシンガンで撃たれてもヘリから機関銃ぶちまけられてもかすりもしないアッシュや、そのアッシュが手も足も出ない上にインチキみたいな射撃の精度を誇るブランカの登場など、サスペンス・アクションものとしてはガバガバに片足突っ込んでいるのは否めない。

メインの謎であった「バナナフィッシュ」に対しても1クール目でほとんど答えは出てましたし、正直1クール目終わった後はこれから何するんだって思いもありました。

だから2クール目が面白くないかといえばそんなことは全くなくて、2クール目はアッシュ・リンクスという「圧倒的な個性」に出会って「しまった」人物たちの感情のぶつかり合いを楽しむ話なのかな、と考えています。
特に1クール目はただのヤバいホモなのかなって思っていたディノ・ゴルツィネがアッシュに対して向けているのは憎しみや性的玩具としての目だけではなく、愛情(明らかに歪んでいますが)や一種の敬意といった感情も確かに存在していることが分かってきたのは面白かったです。アッシュが他人の手に落ちようとしているときには手助けし、諦観や自らを貶めるようなことがあれば失望の色を隠さない。
2クール目でかなり印象が変わったキャラクターです。

ゴルツィネだけでなく、オーサー、月龍、シンなど多くのキャラがアッシュという圧倒的な才能に対してそれぞれ違った感情を抱いており、それが彼らを非合理な選択に導いてしまう(そしてだいたい身を滅ぼす)。明らかにアッシュ・リンクスのせいで人生狂っている。
当のアッシュは自身の才能とそれによって得られるものを嫌悪しており、「自由」を求めている。
あらゆるものを手に入れる資質を持ちながら本質的には孤独な人物であり、その孤独をなんの見返りも求めることなく埋めてくれたのが英二だから、英二はアッシュにとってかけがえのない存在になった。
そして月龍なんかは、本質的に自分と同質の存在なのに英二という安らぎを得たアッシュが許せない。

まぁ下品な言葉でまとめるとめんどくさいホモしかいないってことなんですけど、アッシュを中心とした登場人物の感情ベクトルのぶつかり合いは、2クール目の大きな魅力だと思いました。あと英二が精神的にどんどんタフになっているのも伝わってきたのも好感度高いです。元々メンタル的な強さの片鱗はあるキャラクターでしたが、アッシュの弱点で終わるのではなく、アッシュを助けるために自分が前に出ることができる男に成長していったのは観ていて気持ちよかったです。

サスペンス、アクションの面で飽きが来たっていう懸念点は確かにあるんですけど、キャラクターの感情の掛け合いが面白くなり、途中から止まらなくなって一気に最終回まで観てしまいました。

いろいろなジャンルとしての側面があるけど、本質的にはアッシュと英二の国籍や育ちを越えた心のつながり、を主題に描いたドラマなんだと思います。残酷な世界で、彼らにとっては失うものも多かった物語でしたが、滅びの道でも「自由」を求めて進む登場人物の輝きを見せてくれた作品でした。
ちゃんと全話観てよかった。

先週から公開されていたのですが埼玉だと上映館が少ないのといろいろと予定があって映画館に行くのがすっかり遅くなってしまいました。そしてわかばとかいう辺境の映画館に行くことに。なんでこんなところでやってるんだよ…。

アニメは2017年の夏だからもう2年以上前なんですね。時が経つのは早い。

アニメ終盤にちらっと出てきた、ナナチとミーティが成れ果てになった原因である黎明卿ボンドルドとの対峙が描かれた映画。
公開前から「PG-12にするつもりだったけどR-15になっちゃった〜」とか不穏なニュースが流れてたのでどんな感じなのかは大体察してしまいますが…。

ほぼ全編にわたってボンドルドと対峙するわけですが、「倫理観が違いすぎて絶対に分かり合えない相手」であるこいつがずっと敵役として立ちはだかるためほぼずっとドン引き状態。敵キャラとしては魅力的なので褒めてますよ。
だいたいこの手のキャラって自分の命だけは可愛いみたいな小物くさい部分があったりしがちですがこいつは自分の肉体すらとっくに捧げている。会話は出来るけど絶対に話は通じないから「戦うしかない」。戦いの果てに相手と理解し合う王道少年漫画的展開も好きですが、こういう絶対に分かり合えない敵にはその熱さとは違った恐怖感があって面白い。リコ達も引きっぱなしでしたし。
負けたら素直に相手を称賛するし、プルシュカは彼を父親として慕っていたり、ナナチがボンドルドに向ける感情が憎しみだけじゃない部分なんかから、倫理観が他のキャラと全く違うだけで「悪人」ではないことが伝わってくるのもこのキャラの面白いところだと思います。間違いなく狂人だとは思いますが…。

映画全体が露悪的というか、これで胸糞悪くなってください!みたいな場面に露骨に尺取られてるのがすごく気になってしまいました(特にプルシュカの汁がこぼれちゃうシーンとそれを舐めるメイニャ)が、戦闘シーンなんかもアニメ版からだいぶ強化された迫力でしたし、映画館で観るのに相応しい映画だな、と思います。リコとプルシュカの友情とか色々思ったことはあるんですけどボンドルドのせいであんまり頭に入ってこなかったのでもう1回観て………いや、しばらくはいいかな……。 

これは君の物語
これは君の物語 [Prime Video]








兼ねてから友人がお勧めしてきたアニメ。気になってはいたので1話を観てみました。

この原作を友人が某声優のプレボに入れたのがきっかけでその声優さんが原作のファンになり、その方はアニメの主役を演じることになったらしいです。面白過ぎるでしょ。

「出会い」でお互いの人生が変わっていく、という筋立て自体が好きなので面白くなりそうだなと思って観ていましたが、「無理なんてない」ことを信じて夢に向かって生きている千雪が無自覚に育人の夢に対し「無理なんじゃない」と言ってしまったことに気付くシーンでまず作品に引き込まれました。
そして終盤、千雪の父が育人に向ける「原石を見つけたときの目」に千雪が気付いたシーン。
このシーン、「今の千雪」にはもうこの目が100%の純度で向けられていないことを千雪は分かっているから、千雪は育人のことを純粋に喜んでいるだけじゃない。「この2人は今後ただの友達、相棒になるわけじゃなさそうだな」と思うと猛烈に続きが気になってきました。

同日たまたまネカフェに行くことになったので原作を一気に読みました。
その結果ハマってしまったので書店で全巻購入しました。おかげで2ヶ月前に買った本棚が埋まってしまいました。

ファッション業界が舞台、という少年誌では珍しいジャンルの作品。
なのですが、展開自体は近年逆に珍しいくらいの熱い真剣勝負の連続。これはバトル漫画なのか?
あまり馴染みのない世界の物語に読者を引き込むのは非常に技量が要ることだと思いますが、一晩中ページをめくる手が止まらなかったです。次の日普通に用事あったのに寝不足になりました。
デザイナーになりたいという夢は燻っていたものの、洋服作りはあくまで趣味だった育人が千雪との出会いをきっかけにプロの世界、真剣勝負の世界に足を踏み入れていき、悔しい思いもしながら「負けたくない」という気持ちを強めていく。これだけ言うと本当にスポ根ものですよね。

漫画なので絵の力も重要だと思うのですが、特にそれを感じたのが芸華祭決勝の香留のショーと千雪。
香留のステージ、あくまで育人と千雪の物語なのでストーリー上はサラッと流れてしまった感がありますが決勝最初の強キャラとして強烈な印象を残していきました。もうこいつが優勝でいいんじゃないかな…。とさえ思った。
千雪は158cmとモデルとしてはかなり小柄ながら時折場を圧倒する雰囲気、オーラを出す力があるというキャラクターなのですが、それを説得力を持った演出にできるのは作画の力がかなり大きい。
これで作者の初連載だというから驚きです。

この作品で特に見応えがあると思ったのはキャラクター同士の関係性。
1話の時点で「着地点は見えている」物語であり、育人と千雪は「お互いに出会うことで運命が変わった」同士ある意味恩人と言えますし、同じ夢を追いかける仲間だし、勿論友達だし、お互いを尊敬もしている。だけど千雪が言うように「絶対に負けたくない」ライバルでもあるというのが王道だけど熱い。
千雪と心の関係性はもっと好きです。
身長のことでずっと苦しい思いをしてきた千雪が欲しかった資質を全て持っているのに「モデルはやりたくない」って言ってる心のことを快く思うはずがないんですよね。
そんな2人が組むことになって、当初お互いのことを「嫌い」とまで言った2人が一緒に戦えたのは、相手の「真剣な気持ち」を信じているから。馴れ合いや友達ごっこじゃなくてもっと根本にあるものを認め合っているからこそ、向いている方向が真逆でも一緒に歩んでいける。2人の友情っていうのはその後からついてくるものなんですよね。2人のショーの圧巻さもあってすごく美しい関係だなと思いました。

芸華祭で1つの大きな盛り上がりを見せた後は、ストイックな天才だらけの本作品には珍しいコネ入社であんまり能力も高くない、いわゆる「凡人キャラ」の美依が登場し、作中の登場人物にも読者にもいい感じでフラストレーションを与えているような印象です。
この漫画、コネ持ちキャラも基本的に優秀なやつばかりなのでコネだけの凡人!って感じのキャラはこいつくらいしかいないんじゃないでしょうか。
基本的に自己主張のぶつかり合いで成り立っているこの作品で「みんな仲良く」みたいな調和主義な部分も異質な感じがしていますが、今週末発売の14巻ではその美依に大きな変化が起こる感じになりそうなので期待しています。
 
アニメも原作のどの辺までやるのか分からないけど楽しみです。
まだ1話しかやってないですが、1話の最後の「都村育人がトップデザイナーになるまでの物語」を育人の1人称に変えたのはいい変更点だと思ったし、構成スタッフが有能っぽいなと感じたのでこちらも期待。

いい作品に出会えたなと思います。勧めてくれてありがとう。 











1年ちょい前に初めて読んで衝撃を受けた作品。
映画版を観たので、いい機会だと思って原作も再読しました。

まず凄いのが、個人個人の生命が社会的リソースとして何よりも重要視され、健康を脅かすあらゆるものが排除された世界の描写。あらゆる病気が排除され、痛みや苦しみを実感することもない世界がまるで本当に未来がそうなってもおかしくないような現実感を伴って描写されている。

基本的に病気にならないし100歳くらいまでそこそこ若い見た目で生きられるし、一見ユートピアに思える社会なのですが、その世界に居心地の悪さを感じていた3人の少女の描写を挟むことでその社会の「気持ち悪さ」を実感できる構成が上手いなあと思います。

その世界の中で「自分」を「自分」と言える線引きはどこなのか、なんとなくそれは「意識」だとか「心」みたいなものを答えとしがちだけど本当にそうなのか?という命題がストーリーの中で重要な対立項になっていくのですが、主人公のトァンがミァハや父に抱く愛憎、生命主義の世界で起こる地球規模の大事件の行方など、エンターテインメント要素も非常に読み応えがある。病床で執筆し、34歳で亡くなってしまった作者の「命」や「自己」に関する思索が存分に組み込まれているとは思うのですが、ただ単に作者の思案に触れるだけで終わらず、あらゆる面からいろいろな読み方、楽しみ方ができる。小説の面白さが詰め込まれた傑作だと思います。

そして最終章は文字媒体であるということを存分に活かした仕掛けがなされており、初めて読んだときはしばらく口開けたままぽかーんとしていました。本当に印象的なラスト。
漫画でもアニメでも実写でも、媒体の特徴を有効に使った演出が大好きなのでこれだけでめちゃくちゃ評価が上がってしまう。未読の方は是非読んで確かめてほしいです。

映画版は概ねストーリーは劇場版に沿っているのですが、WatchMeやオーグが何をしているのか、この社会はどのような社会か、という描写がかなり省かれて、キャラクターの動きに主軸が寄っているので僕が原作を読んで圧倒された作品世界についてはあまり伝わってこないかな、という印象。
最後のシーンに関しても一応やってはいるのですが原作読んでないと意味が伝わらないような…映像化って難しいですね。あとトァンはミァハに「愛してる」とか言わない(過激派の意見)。
トァンが沢城みゆきさんでミァハが上田麗奈さんというキャスティングはめちゃくちゃイメージに合ってるのでこの2人の会話は聞いていて心地よかったです。

ただ、原作を2回読んで映画を観てもミァハがなんであの思想を抱くに至ったのか自分のなかで納得できてないんですよね。
回想に出てくる過去のミァハと目指してることが真逆というか。
「実験」でコペルニクス展回が起こったという風に読めると思いますが、そんな簡単に考えが変わる人物にも思えない。最初から読み直すべき?

2020年の元日に、「有識者」の助言のもと「異世界始め」なる行事を行いました。

そこで課題作品となったのが『異世界チート魔術師』です。


どこにでもいる普通の高校生・西村太一と、
運動神経抜群でモデル体型の美少女・吾妻凛。
平和な高校生活を送っていた二人はある日突然、
不思議な魔法陣の光に包まれ、見知らぬ土地へ迷い込んでしまう。
そこは恐ろしい魔物が生息し、獣人やドワーフ、エルフといった
多様な種族が存在する、まるでファンタジーのような世界。
異世界へと導かれた太一と凛は、
ここで生き抜くために「冒険者」になることを決意するが、
その適性検査で、二人が“チート”な魔力を持っていることが判明して……。

という典型的ななろうアニメですね。
登場人物の名前変えるだけで軽く10作品くらいのあらすじに互換性がありそう。

やけに偏った星空、空中での平行移動、チートチートと連呼してイキる割には他の強キャラとどこが変わらないのかよくわからない主人公などを観て2人で笑いながら観ていましたが7話(ここが一番凄かった)を越えたあたりで限界を迎え、意識が飛んでしまいました。
しかし「有識者」に絶対に全部見てくださいね、と念を押されてしまったので、残り5話(寝落ちした8話の再視聴も命じられました)を1人で観ることになりました。
1人だとチープな表現を笑い飛ばすこともできない。ここからが本番。
「チートを、甘く見んなよ!」という太一くんの言葉の意味を「心」で理解できました。
10話なんて7話に負けず劣らず突っ込みどころしかない内容だったのですが、誰とも共有できず、ただ一人テレビを眺めるしか出来なかったのが無念でなりません。

真面目な感想を述べると、作画がアレとか技名がダサいとか頭脳派登場人物のやってることがバカ丸出しとかそういうことをあげつらうとキリがないのですが、世界観があまりにチープすぎてどう頑張っても物語に入り込めないのが最大の問題かなと。

物語に人を入り込ませるために尽力すべき重要な点に「作中世界観の構築」があると個人的には思います。
現実と変わらない世界だけでなく、魔法がある世界、幽霊がいる世界、カードゲームの勝敗で生死が決まる世界といった「現実ではありえない世界」に説得力を持たせることで、観る側は作品の世界に入っていけると思うんですよね。全てのフィクションは異世界ものと言えるかもしれない。
その作品の「世界」がしっかりしているからこそ、その中で生きるキャラクターの選択や生き様を観て心動かされるのだし、世界観は作品の骨格と言ってもいいかと思います。
残念ながらこの作品の「世界」にはそれを感じない。
登場人物の名前だけ変えたら他の作品のあらすじとして成立しそうっていう言葉通りで、「異世界転生」「ファンタジーのような世界」「冒険者」「チート」みたいな(こういう作品を観る層の)共通認識頼りに世界観を構築してる感じ。
「この作品」の世界観は全く見えてこないし、このツギハギみたいな世界観の中で主人公がどんだけ良いこと言っても説得力がない。まぁ太一くんは特に何もいいこと言ってないですが…。

基本的に太一くんが無双する作品なのに無駄にシリアスな展開を用意するせいで、内戦で結構な数の人が死んでるのに主人公一行は割とドヤ顔でヘラヘラしている、歪な展開になってるのもちょっと…
こんなことにするくらいならハーレムでも作ってたほうがまだマシのような。
結局ここも世界観の問題で、根本的に世界観がチープだから戦争の悲惨さとか全く伝わってこないんですよね。7話はヒロイン格のキャラが死んだんですけどあまりの雑さに何の感情もわきませんでした。
あくまで創作物なので登場人物の生き死にも物語のパーツの1つ、だとは思うのですがそのパーツにすらなり切れていないのはどうなんだ…と思ってしまう。
人が死ぬ作品=命を軽く描いているではないと思いますが、この作品の描き方はどう考えても軽い。

昨今「異世界転生もの」が人気であり、アニメは毎クール異世界転生、川越の書店ですら異世界コーナーが作られている空前の異世界ブームにあって、僕はあまりこのジャンルが好きになれない社会不適合者なのですが、その理由がここにあるんですよね。
どうしても「異世界転生」という借り物テンプレ世界観のチープさが受け付けない。
奇しくも今期アニメ『映像研には手を出すな!』の第1話で主人公が「私の考えた最強の世界」を表現したいと言っていましたがまさにその通りで、最強のメアリー・スーみたいな主人公を活躍させたいならそれに見合った世界も作ってほしいんですよね。
あまりにもキャラクター、もっと言うとその属性先行というのはあまり僕の作品観には合わないかな…。

ちなみに異世界転生が苦手なもう1つの理由として、なぜか選りすぐりのチープな異世界転生作品ばっかり観る機会に(不必要に)恵まれた結果、完全にバイアスの塊になってしまったことがあるかと思いますので、これは面白いよっていう異世界転生ものがありましたら是非教えてください。

↑このページのトップヘ