その分現金でくださいよ。

店長の好意が台無しに

カテゴリ: 漫画

これは君の物語
これは君の物語 [Prime Video]








兼ねてから友人がお勧めしてきたアニメ。気になってはいたので1話を観てみました。

この原作を友人が某声優のプレボに入れたのがきっかけでその声優さんが原作のファンになり、その方はアニメの主役を演じることになったらしいです。面白過ぎるでしょ。

「出会い」でお互いの人生が変わっていく、という筋立て自体が好きなので面白くなりそうだなと思って観ていましたが、「無理なんてない」ことを信じて夢に向かって生きている千雪が無自覚に育人の夢に対し「無理なんじゃない」と言ってしまったことに気付くシーンでまず作品に引き込まれました。
そして終盤、千雪の父が育人に向ける「原石を見つけたときの目」に千雪が気付いたシーン。
このシーン、「今の千雪」にはもうこの目が100%の純度で向けられていないことを千雪は分かっているから、千雪は育人のことを純粋に喜んでいるだけじゃない。「この2人は今後ただの友達、相棒になるわけじゃなさそうだな」と思うと猛烈に続きが気になってきました。

同日たまたまネカフェに行くことになったので原作を一気に読みました。
その結果ハマってしまったので書店で全巻購入しました。おかげで2ヶ月前に買った本棚が埋まってしまいました。

ファッション業界が舞台、という少年誌では珍しいジャンルの作品。
なのですが、展開自体は近年逆に珍しいくらいの熱い真剣勝負の連続。これはバトル漫画なのか?
あまり馴染みのない世界の物語に読者を引き込むのは非常に技量が要ることだと思いますが、一晩中ページをめくる手が止まらなかったです。次の日普通に用事あったのに寝不足になりました。
デザイナーになりたいという夢は燻っていたものの、洋服作りはあくまで趣味だった育人が千雪との出会いをきっかけにプロの世界、真剣勝負の世界に足を踏み入れていき、悔しい思いもしながら「負けたくない」という気持ちを強めていく。これだけ言うと本当にスポ根ものですよね。

漫画なので絵の力も重要だと思うのですが、特にそれを感じたのが芸華祭決勝の香留のショーと千雪。
香留のステージ、あくまで育人と千雪の物語なのでストーリー上はサラッと流れてしまった感がありますが決勝最初の強キャラとして強烈な印象を残していきました。もうこいつが優勝でいいんじゃないかな…。とさえ思った。
千雪は158cmとモデルとしてはかなり小柄ながら時折場を圧倒する雰囲気、オーラを出す力があるというキャラクターなのですが、それを説得力を持った演出にできるのは作画の力がかなり大きい。
これで作者の初連載だというから驚きです。

この作品で特に見応えがあると思ったのはキャラクター同士の関係性。
1話の時点で「着地点は見えている」物語であり、育人と千雪は「お互いに出会うことで運命が変わった」同士ある意味恩人と言えますし、同じ夢を追いかける仲間だし、勿論友達だし、お互いを尊敬もしている。だけど千雪が言うように「絶対に負けたくない」ライバルでもあるというのが王道だけど熱い。
千雪と心の関係性はもっと好きです。
身長のことでずっと苦しい思いをしてきた千雪が欲しかった資質を全て持っているのに「モデルはやりたくない」って言ってる心のことを快く思うはずがないんですよね。
そんな2人が組むことになって、当初お互いのことを「嫌い」とまで言った2人が一緒に戦えたのは、相手の「真剣な気持ち」を信じているから。馴れ合いや友達ごっこじゃなくてもっと根本にあるものを認め合っているからこそ、向いている方向が真逆でも一緒に歩んでいける。2人の友情っていうのはその後からついてくるものなんですよね。2人のショーの圧巻さもあってすごく美しい関係だなと思いました。

芸華祭で1つの大きな盛り上がりを見せた後は、ストイックな天才だらけの本作品には珍しいコネ入社であんまり能力も高くない、いわゆる「凡人キャラ」の美依が登場し、作中の登場人物にも読者にもいい感じでフラストレーションを与えているような印象です。
この漫画、コネ持ちキャラも基本的に優秀なやつばかりなのでコネだけの凡人!って感じのキャラはこいつくらいしかいないんじゃないでしょうか。
基本的に自己主張のぶつかり合いで成り立っているこの作品で「みんな仲良く」みたいな調和主義な部分も異質な感じがしていますが、今週末発売の14巻ではその美依に大きな変化が起こる感じになりそうなので期待しています。
 
アニメも原作のどの辺までやるのか分からないけど楽しみです。
まだ1話しかやってないですが、1話の最後の「都村育人がトップデザイナーになるまでの物語」を育人の1人称に変えたのはいい変更点だと思ったし、構成スタッフが有能っぽいなと感じたのでこちらも期待。

いい作品に出会えたなと思います。勧めてくれてありがとう。 

寒いですね。

24歳になりました。

目標も抱負も特にないですが、達成すべきことはしっかりやりきってあとは死なない程度に楽しくやっていきたいと思います。
国試勉強は今日過去3年分の過去問をやりきったので、あとは直前期に覚えるべきことを纏めて過去問と模試の問題整理をすればまぁなんとかなるんじゃないでしょうか。 QB全部やるとは何だったのか。

あとは漫画も買いました。


 中学生の頃から好きな漫画家であるところの皆川亮二先生の最新作です。海賊とかゾンビとか出てきてあとは歴史上の人物の名前なんかを混ぜてきてくれるので話はかなり僕好みです。本当にいい意味で厨二全開のロマンあふれる物語を描いてくれますね。
8年くらい?ずっと読んでたPEACE MAKERが終わってしまった喪失感もあるのですが、また楽しませてくれそうです。


なんか禁断の第0話が云々って評判になってて海王ダンテの横にあったんでついでに買ってみましたが、そんなに面白くなかったです。噂の第0話も人間の解体が描かれていただけで何が禁断やねんって感じでした。
漫画でサイコホラーって難しいですね。 ホラー漫画なのに内臓にモザイクかかってるのはどうなんだ・・・。漫画版バトル・ロワイアル(8巻にはお世話になりました)に慣れ親しんだ身としてはグロ方面でも物足りない気がしました。素直にサンデー版神海英雄こと中山敦支先生の新作を買えばよかったかもしれません。
ってか今度買います。
 

あけましておめでとうございます。
年末年始1番頑張ったことは某所のパスワードを特定することです。まだできてません。

今年は実家にも帰らず誰とも会わず神戸で年を越しました。
紅白とCDTVだけ観ましたが、格付けも観ませんでしたし本当の野球じゃない事でおなじみのリアル野球盤も観ませんでした。その分勉強に集中できたかというとそうでもないですが…。
第111回なんとか試験まであと40日なのでそれが終わるまではあまり年が明けたという感じがしませんね。特にこれといった反省や抱負もないですが、体調を壊さないように頑張りたいと思います。

あとは年末年始買った漫画だけ記録します。



シャーマンキングのファンだから1,2巻を買いましたが正直あんまり言うことがありません。
ジャンプ改は不幸な事になってしまいましたがFLOWERSどこかで連載境してくれないですかね。

クズの本懐(7) (ビッグガンガンコミックス)
横槍 メンゴ
スクウェア・エニックス
2016-12-24



1月からクズアニメ化ですね。クズって仙台とか埼玉の方見ながら言ってるわけじゃないですよ。
10巻くらいで終わるかなと思っていましたが8巻で終わってしまうみたいです。
元彼にクソビッチだとバラされちゃった茜さんと鐘井先生の関係が進展しそうな引きでしたね。まぁ茜さんが本当の恋愛に目覚めるとかいう展開だったらそれはそれでどうなんだって感じですが…。
ファンブックの方は殆ど流し読みだったけど巻末のモカと茜さんの漫画は良かったですね。
この物語で1番本質見えてるのはやっぱモカなんだよな〜。
子供みたいな見た目、嗜好、言動をしてるけど中身は1番大人なんじゃないかな、と思います。別に好きなキャラってわけでもないですけどね。
アニメ化も最終巻も楽しみです。






新巻が出てたので。ってかコレもアニメ化企画が進んでるんですね。まぁ桜Tr◯ckがアリならこれくらいやっても平気でしょう。 ◯◯◯◯◯◯◯◯さんあたりが芽衣をアイコンにしそう…。
この巻では「義姉妹かつ同性愛のカップルである事に対する柚子と芽衣の答え」が描かれていたのがすごく印象的でした。別に差別主義者ではないのですが、この手の作品で描き手も読み手も同性同士のカップルは当たり前でそれが世間の常識!みたいなスタンスで(少なくとも2017年の日本において)行くとすごく物語が現実と乖離してしまうというか、チープなものになってしまいますからね。そういう作品多いし。
芽衣と恋人同士になって浮かれていた柚子が「友人や家族には自分たちの関係は気持ち悪がられる」と気付いてしまって(いつも元気なのに)号泣して落ち込んでいたのは読んでいて辛いものがありましたが、芽衣に「正解なんてない」と言われ気持ちに一応の整理が付き、また2人はラブラブになったんじゃないでしょうか。指輪を貰って芽衣の目から何故か涙が溢れてきたシーンも印象的でした。
結構ディープな話だけどアニメ化してどこまでやるんでしょうね。地上波って決まってるわけでもなさそうですが。
 
仮面ライダークウガ(6) (ヒーローズコミックス)
石ノ森 章太郎
小学館クリエイティブ
2016-12-29

 表紙はどう見てもアギトですね。
『クウガ』と『アギト』の物語が交わる事で個人的に話題のこの漫画、本編では総集編のおまけくらいにしか出てこなかった不遇の強豪グロンギであるところのメ・ガドラ・ダをルール違反を犯したグロンギの処刑人キャラとしてフィーチャーするという展開が割と熱いかなと(アギトに誤解で即殺されるのがネタ臭いですが)。好き勝手にゲゲル始めたのが原作で同じ事やったザインとアホみたいに仲悪かったビランなのも多分狙ってるんでしょう。
ただマジでこの漫画クウガファンからの評判悪くてAmazonのレビューでめっちゃ叩かれてるんで可哀想ですね。6巻で言うと妹に変身を見られて拒絶されたことにより変身が不可能になったりバルバが一条にものを頼む展開だとか原作にないけれどもクウガの「if」としてあり得るシーンを挟み込んでいて粗削りなりに読みどころはあると思うのですが…。原作が偉大すぎると辛い。
翔一くんは出てきましたがまだ変身能力はなさそうです。 同時変身とかあると熱いですね。
あとG3はほっといても出てきそうだからいいけどギルスを出せギルスを。

そう言えば『GIANT KILLING』の43巻は2016年内に出るって言う予告でしたが当たり前のように発売延期してましたね。無限に休載してるし残当。

また明日から勉強します。
おやすみなさい。 

12月になりました。寒いですね。

6年生は病院実習がもう無いし患者さんに伝染す危険がないからという身も蓋もない 理由でインフルエンザの予防接種を学校で受けられないそうです。冷たい。
と言うことで 自分で行ってきました。少なくともここから2月までは健康でいたいものです。

仮面ライダークウガ(5) (ヒーローズコミックス)
石ノ森 章太郎
小学館クリエイティブ
2016-12-05


ヒーローズとかいうなぜかセブンでしか売ってない漫画雑誌でやっている、クウガの舞台を2015年に移し漫画版です。
まぁ『クウガ』という作品(2000年にやってた方です)がオダジョー演じる五代雄介というキャラクターあってこその作品なのは間違いないですし、それがない『クウガ』っていう時点で賛否両論が約束されているんですけど、漫画という表現媒体を活かしたグロンギのデザイン(特撮では着ぐるみの都合上無理なこともありますよね、バヅーの脚とか)だったり、原作では実現しなかった『クウガ』と『アギト』の繋がりなんかはファンだからこその見所と言えるんじゃないでしょうか。間違いなく別物なんですけど、『クウガ』ファンが楽しく読める作品じゃないかと思います。次巻も楽しみですね。今月末だけど。


http://borntobeblue.jp/
 
あと今日はシネ・リーブル神戸さんで『ブルーに生まれついて』を 観てきました。

演奏とルックスでチヤホヤされるもドラッグ絡みのトラブルを起こして転落しつつあるチェット・ベイカーの再起をかけた人生を描いた映画です。
別にジャズが好きなわけでも詳しいわけでもないし、『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』って言われても大統領やんD4Cやんとかいうレベルの感想しか出てこないんですが、まぁ予告が面白そうだったので。
予告だけは面白い映画なんていくらでもありますけどね。

まぁとにかく主演のイーサン・ホークのヤク中の演技がうますぎる。
とろんとした目、なんかフラフラした動き、喋り方までジャンキーそのものでした。 こいつ本当にやってるんじゃ…別に離脱症状がキツいみたいな描写が多いわけではないのですが、伝記映画ってだけでなく、薬物依存の怖さっていうのも伝わってきました。まぁこの時代のミュージシャンなんて大体みんな何かしらやって(ry

薬以外の感想も書きますが、何を失っても音楽をやりたいっていうチェットの気持ちってある意味狂気で、麻薬なんかよりよっぽど怖いなって思いました。前半からずっと支えてもらっていた恋人ってか途中から婚約者のジェーンを失うと分かっていて、バードランドでの大一番でずっとやめてたヘロインキメて演奏しちゃうんですよね。「俺はクソみたいな仕事がしたいんじゃなくて音楽がやりたいだけなんだ」って言ってましたが普通そこまで振りきれないですよね…。
観にきていたジェーンが演奏を聴いて彼がドラッグをキメている事を悟って去ってしまうシーンは切なかったですね。
芸術を追い求める余り狂ってしまう感じ、今まで観た映画だったら『ブラック・スワン』とか『セッション』みたいな感じでしょうか。チェットはドラッグまで絡んでるから余計タチが悪いですね。

他の観客がいかにもジャズ聴いてらっしゃるようなおじさまおばさまばっかりで居心地は悪かったですが、チェット・ベイカーという人間の激しくて悲しい生き様を上手く描いていたと思います。ってか死ぬまでヘロイン辞められなかったんかい。
 

こんばんは。

ブログに書きたいことはあったんですけど、最近家に帰ったら30分以内に意識が飛んで朝7時半に面影ワープって事が続いたので需要があるかは置いといて更新をサボってしまいました。

卒試は(なんの面白みもなく)受かってたり携帯の画面が割れて機種変した次の日にiPadの画面がバキバキになってて泣く泣く5万払って買い替えたり(つまりこの記事は新しいiPad mini4で書いてます)1週間で4回水炊き食べに行ったりしていました。元気です。
あとは卒試終わったらクイズするか~~~wとか思ってた矢先に某氏と仲良くなってほんまに1年振りくらいの芸多ブートをしました。
どうせだし苦手な問題でも何問かここに書いて覚えようと思ってたんですけど、当該ブートの時の写真が 何故かiPod touchからロストしていたのでこの企画もおじゃんとなりました。辛い。
と言うか今使ってるやつの1つ前のiPod touchも急にいくら充電しても電源が入らなくなって中の14000枚くらいのクイズ写真にアクセス出来なくなってるんですよね。Appleさん何とかしてくれ。整理させてくれ。

勉強は第3回何とか模試を当面の目標にぼちぼちやっています。神○内科と産婦○科滅びろ。
その模試の提出期限の次の日はマジカルで大会があるらしいです。ちょっと迷ってしまいますね。

やがて君になる (1) (電撃コミックスNEXT)
仲谷鳰
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-10-24

今日は親友のイシハライドさんに勧められた漫画を買いました。
厳密に言うと前から勧められてたんですが「百合はちょっと…」という事で敬遠していました。 
先日某漫画で百合耐性をつけ、更に11/26の3巻発売を記念してアニ○イトでは限定ブロマイドが付くという事だったので、それをイシハライドさんにあげようと思って 1巻から3巻まで買いました。媚び媚び総理大臣。ア○メイトというか三宮の「あの」空間限界すぎて積極的には足を運びたくないんですけどね。

感想はというと、共学という舞台設定でこの手の話をやるんだなと言うのが意外でした。大体この手の話って大体女子校で女の子しか出てこないイメージがある(そういう安直なのが敬遠してしまう)ですけど、この作品は普通に上の表紙の女子2人も男の子に告白されてるし、クラスメイトの女の子は普通に男の先輩に憧れたりしてるんですよね。
副会長の回でちょっと触れられてたけどこの作品の世界で(も)女の子同士でイチャつくのは大っぴらに言えない事で、その中にあっても2人でいる事を選んだ侑と燈子の交流が微笑ましい話でした。似てるようでどこか違う2人の関係がどうなってくいくのか、が楽しみですね。あと燈子先輩可愛い。
黒髪ロングで家庭の事情を抱えて本当の自分を隠してる生徒会長が出てくる百合漫画………ちょっと前にも読んだ気がしますけどね( 
自分のが読む漫画の傾向として銃とか血とか死体がたくさんなものが多いので、たまにこう言うの読むと心が洗われてしまいますね。ジャンルの読まず嫌いも程々に、って結論で良いでしょうか。

他に何冊か漫画買ってるんですけど、まだ読んですらないので記録はまた今度で…

おやすみなさい。 

↑このページのトップヘ