その分現金でくださいよ。

店長の好意が台無しに

カテゴリ: 小説











1年ちょい前に初めて読んで衝撃を受けた作品。
映画版を観たので、いい機会だと思って原作も再読しました。

まず凄いのが、個人個人の生命が社会的リソースとして何よりも重要視され、健康を脅かすあらゆるものが排除された世界の描写。あらゆる病気が排除され、痛みや苦しみを実感することもない世界がまるで本当に未来がそうなってもおかしくないような現実感を伴って描写されている。

基本的に病気にならないし100歳くらいまでそこそこ若い見た目で生きられるし、一見ユートピアに思える社会なのですが、その世界に居心地の悪さを感じていた3人の少女の描写を挟むことでその社会の「気持ち悪さ」を実感できる構成が上手いなあと思います。

その世界の中で「自分」を「自分」と言える線引きはどこなのか、なんとなくそれは「意識」だとか「心」みたいなものを答えとしがちだけど本当にそうなのか?という命題がストーリーの中で重要な対立項になっていくのですが、主人公のトァンがミァハや父に抱く愛憎、生命主義の世界で起こる地球規模の大事件の行方など、エンターテインメント要素も非常に読み応えがある。病床で執筆し、34歳で亡くなってしまった作者の「命」や「自己」に関する思索が存分に組み込まれているとは思うのですが、ただ単に作者の思案に触れるだけで終わらず、あらゆる面からいろいろな読み方、楽しみ方ができる。小説の面白さが詰め込まれた傑作だと思います。

そして最終章は文字媒体という小説の特徴を存分に活かした仕掛けがなされており、初めて読んだときはしばらく漫画でもアニメでも実写でも、媒体の特徴を有効に使った演出が大好きなのでこれだけでめちゃくちゃ評価が上がってしまう。未読の方は是非読んで確かめてほしいです。

映画版は概ねストーリーは劇場版に沿っているのですが、WatchMeやオーグが何をしているのか、この社会はどのような社会か、という描写がかなり省かれて、キャラクターの動きに主軸が寄っているので僕が原作を読んで圧倒された作品世界についてはあまり伝わってこないかな、という印象。
最後のシーンに関しても一応やってはいるのですが原作読んでないと意味が伝わらないような…映像化って難しいですね。あとトァンはミァハに「愛してる」とか言わない(過激派の意見)。
トァンが沢城みゆきさんでミァハが上田麗奈さんというキャスティングはめちゃくちゃイメージに合ってるのでこの2人の会話は聞いていて心地よかったです。

ただ、原作を2回読んで映画を観てもミァハがなんであの思想を抱くに至ったのか自分のなかで納得できてないんですよね。
回想に出てくる過去のミァハと目指してることが真逆というか。
「実験」でコペルニクス展回が起こったという風に読めると思いますが、そんな簡単に考えが変わる人物にも思えない。最初から読み直すべき?



某氏が読め読め言って来るので本屋とかでめっちゃ探したんですけど品切れでしばらく買えませんでしたね。角川文庫の方の小説はどこでも平積みだったから刷ってる数が違ったのかな…

内容は映画で描かれなかった登場人物の内面を補完する感じです。
三葉(になった瀧くん)、テッシー、四葉、あとは三葉パパが主役?のエピソードが描かれていました。 あそこで三葉ノーブラだったのか…とか妄想が捗ったり、三葉の父親ってまさかの魔剤ンゴ大学かよ…っていうどうでも良い情報を得られたりしましたがそれはいいとして、2人の身体が入れ替わるという信じ難い現象を周りの人から見たら…っていう描写が本編ではそこまで深くなかったので、こんな感じに受け取るのかな…と思いながら読んでました。テッシーも四葉もちょっと気にしなさすぎだと思うのですが。普通もっと心配するだろっていう。

三葉の父親のエピソードは最後なんで町長が動いたのかっていう疑問の補完になっていましたね。古い町の雰囲気みたいなものが二葉から人間性を奪ってしまったという事に始まる絶望は納得出来る話かなあと思いました。それすらも本編のラストに繋がる結びだと考えると本編でやれよってなりますね(

内容はとても楽しめるものでしたが、どうせなら瀧くんと入れ替わった三葉が東京で頑張る話とか入れて欲しかったですね。キリないですが。
読んでてもう1回くらい映画観に行っても良いかなあと思いました。10回は行きませんので悪しからず。 

死神の浮力 (文春文庫)
伊坂 幸太郎
文藝春秋
2016-07-08


中学生の頃から伊坂作品を読み始めたのですが『マリアビートル』以来殆ど手を付けてなかったので久し振りに読んでみようと思いました。最初に読んだのが『魔王』で次に読んだのが『グラスホッパー』な時点で敬虔なサンデー読者の皆さんは色々と察してくれると思います。中高生の頃は月に10冊か20冊くらいは本読んでたんですけど最近は(主にクイズマジックアカデミーのせいで)読書習慣はほぼ消滅してしまいましたね。

『死神の精度』の続編となっては読むしかないですんですけど(文庫本になるまで買わなかった事には触れない)、キャラが立ってる登場人物と軽妙な会話はページがどんどん進みますね。何気ない会話が後のストーリーに絡んでくる構成はやっぱり読んでて楽しいです。主人公の千葉は死神なので普通の人間とはやたら会話がズレる(これがこのシリーズのミソです)んですけど、この「ズレ」も流れ(クイズの話じゃないです)を止めてないのは本当にすごい

結局作中で本城がしたかった事は何なのか?って点に関して「サイコパスだから」で片付けてるような印象を受けてしまう点があったのは少し不満な点かもしれません。「絶望させたかったから」という理由だけであそこまでリスクがある行動取るのかなあ…千葉が関わってる時点で山野辺さんは最後死ぬんだろうなって分かってたけど(まぁそれでも見送りかな?ってちょっと期待してしまうのがこのシリーズなんだと思います)、『死神と藤田』だったり『死神対老女』みたいな絶対的にハッピーエンドじゃないんだけど爽やかな読後感、っていうのは少し欠けてたんじゃないのかなと思います。

『死神の精度』を読んだのが多分中3だからほぼ10年経ってるんですね。時間の流れに目眩がするけど面白いんでもし読んだことなかったら読んでみてください。

おやすみなさい。
 

↑このページのトップヘ